読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめも

大事だと思ったこと、困ったところのメモ

UNIXコマンド tarの使い方

tarコマンドとは

複数のファイルやディレクトリをまとめて送ったり、移動したい時に使うコマンド

tarコマンドの使い方

まとめる

  • exapleと言うファイルを/tmpにhogehoge.tarとして作成する場合

tar cvf /tmp/hogehoge.tar example この際、ファイルは絶対パスではなく相対パスで書いた方が良い。絶対パスで書いていると展開する際に、融通が利かない。

展開する

  • /tmpの中のhogehoge.tarの中身を確認する場合

tar tvf /tmp/hogehoge.tar

コマンドを実行すると中に入っているファイルやディレクトリが確認できる。 この際パスが表示されているので、ファイルやディレクトリがどのような構造で展開されるのか確認することができる。

-rw-r--r-- lione/lione    545154 2016-06-21 13:45 example/picture.jpg
  • 展開する 自分の思い通りのファイルやディレクトリの構造になることが確認できれば、展開を行う

tar xvpf /tmp/hogehoge.tar

  • xvfxvpf の違い

xvf 展開されたファイルが操作者の所有物になり操作者のグループに所属する

xvpf 展開されたファイルやディレクトリは元の所有者とグループを引き継ぐ